誤った情報に惑わされない為に!

無意味な被害者を生み出さない為に

人にされて嫌なことはするな

風評被害は複数名が籍を置く組織のみならず個人も対象となり得ます。
何らかの噂やデマが流れた時、貴方はそれに便乗するような真似をしていませんか。
SNSといった身近なツールがある以上、貴方も同じ目に遭う可能性は十分あります。
では一体どうやってそれを回避すればいいのか。

風評被害を広めて悪化させない為にもまずは貴方自身が野次馬にならないところから始めましょう。
人にやられて嫌なことは自分もするべきではありませんから風評被害に関しても例外ではありません。
また、明確な根拠があれば別ですが、曖昧な情報には一切干渉しないといった一人一人の姿勢が風評被害を生まないことに繋がります。
誰も反応しなければそれ以上の事態にはなりませんから。

信頼に足るメディア

噂やデマに便乗しないことも重要ですが日々情報の発信源となるメディアが信頼に足るものかどうかという点も重要です。
そもそもその情報が信用できるものであれば少なくとも風評被害には繋がりません。
正しい情報を選択する上では必須と言えるでしょう。

その為にも日頃から対象となるそのメディアの情報が正しいか誤りかどうかということを前提条件として把握しておく必要があります。
露骨に誤った情報を流すメディアは当然信用出来ませんし普段から正確な情報を流すメディアはわざわざ自ら信用を地に落とすような真似はしませんから十分信用できます。

根本的にはメディアが誤った情報を流さなければ解決するのですが面白可笑しく事実を大袈裟に公表するのがメディアですからそれは難しい話です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ